患者と関わりを持つからこそ

病院で働くことが夢だったという方は、今の病院勤めを有意義なものだと捉えていることでしょう。病院で働くということは、必然的に患者との関わりをしていく必要があるため、患者に的確な医療を提供することはもちろん、患者の意思を酌んだコミュニケーションが取れることも医療人として働くことの条件となるのです。患者にとって大切な存在として自分を評価してくれたときに、医療人として働くことの素晴らしさや感動を享受していくのだろうと考えられて、医療人は患者に対して命ある尊い存在として患者の元にいることが、取りも直さず患者に仕えていこうとする奉仕の念を抱くことにつながるのだと思うのです。 
病院で働くことで充実した気持ちになれる方は少なくないでしょう。自分が携わりたい仕事で自分の能力を最大限に発揮できることに無上の喜びをあらわにする方がいても不思議ではないと思うのです。病院勤めが自分の存在を価値あるものにしてくれる道しるべとして捉えている方がいることがうかがえてきて、「いかにも私は患者を救うためにこの世に生を受けたのです」ということが伝わりそうなくらいにバリバリ仕事をこなす方がいてもおかしくないでしょう。働けば働くほど仕事に対するモチベーションが高まっていくという感覚を覚える方がいるのではないかと思い、まるで息を吸うのと同じくらいに自然に仕事と関わっているかのような光景さえ感じさせることがあっても不思議ではないと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です